摂食障害を知る


摂食障害は、大別して、食を拒む『拒食症』と、許容量を超えて無理やり食べようとする『過食症』に分けることができます。

心身に現れる症状は、比較的同じような傾向がみられるのですが、その背景は一人ひとり異なっており、千差万別です。

そのため、身体症状と表面的な食生活は、適切な支援を受けることができればある程度改善することが可能ですが、

根本的な回復に向かうには、原因や背景を踏まえたケアが必要です。

 

このコンテンツでは、そうした摂食障害について説明しています。

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています