マゼンタリボンの発祥


マゼンタリボンが生まれたきっかけ

摂食障害は、近年少しずつ社会において認知されるようになってきました。それまでは、情報が少なく、一般の市民が聞いても理解が難しい(「過食症はただのよくばりだ」とか「拒食症の人はダイエットのしすぎだ」という誤解など…)疾患でした。今では、全国の医療関係者や自助グループ・家族会、ジャーナリストの方々のご尽力によって、徐々に『雪解け』の時期を迎えたと見受けられるようになりました。

 

このような時期にあって、この運動の主唱者である(一社)愛媛県摂食障害支援機構は、「摂食障害にもっと理解がすすみ、身近にある疾患であると知ってもらいたい」「摂食障害は特殊な異常者がなる疾患ではない。生きづらさが蔓延している現代社会の中で、何らかのきっかけで発症するものだと知ってもらいたい」と考えるようになりました。

 

そこで、私たちは、わが国の過去の啓発活動を振り返ってみることにしました。

すると、様々な社会的課題や疾患の啓発に取り組む際には、シンボルとなる『何か』が必要であることに気づきました。

例えば、子ども虐待を防止する『オレンジリボン』、乳がん検診を勧める『ピンクリボン』など…。

 

「摂食障害に関わる人たちで共通して使えるような『何か』を作り出そう!」

そうして、私たちは試行錯誤を始めました。

色、形が他のシンボルマークに類似することなく、また、私たちだから作り出せるオリジナルなものです。

 

シンボルマークづくりには、摂食障害当事者をはじめとした『生きづらさ』を感じている様々な方々にもお力をお借りしました。

そんな中、答えは私たちが運営している就労継続B型事業所『オフィスパートナー湊町ブランチ』にありました。

 

就労継続B型事業所は、障がいなど生きづらさにより、今、働くことが難しい方たちが、次のステップに羽ばたくための場です。

そして、そこで製造していた編み物をヒントに、オリジナルなシンボルマーク『マゼンタリボン』を作り出すことができました。

 

 

こうして『マゼンタリボン』は、まだ名前もない状態で、2018年5月に生まれました。

マゼンタリボンが広がる動き

2018年に生まれた『マゼンタリボン』が、大きく広がることになったきっかけは、

2018年6月に開催された『摂食障害アクションディ』で紹介されたことです。

 

『マゼンタリボン』を作るためには、相当の手間と資材を必要とします。

そこで私たちは、愛媛県が管理する基金の助成を受けて活動を始めました。

基金の名称は、『三浦保・愛基金』。ボイラー製造の大手である三浦工業株式会社様の創業者である三浦保氏が、愛媛県に保有する株を寄付して造成されたものです。

この助成に採択されたことで、初年度分2000個近くのリボンを製造するための原資を確保することができました。

 

次に、そうして製造できるようになったリボンを、広げる場が必要でした。

そしてそのきっかけとなったのが、一般社団法人日本摂食障害協会様が開催した『摂食障害アクションディ』です。

同協会で理事を務める鈴木眞理先生(政策研究大学院大学教授)にお力添え頂き、

全国で先駆的に摂食障害に取り組まれているスタッフや登壇者の皆様に、イベント中、リボンをつけて頂くことができました。

 

このことをきっかけに、私たちは、様々な方面にリボンの配布と啓発活動をスタートしました。

製造開始からわずか3か月で生産数は1000個を突破し、全国の当事者や家族、支援者に広がっています。

また、自助グループの関係者の間では、グループでつけてくれるようになっています。

 

マゼンタリボンへの思い

『マゼンタリボン』は、社会の様々な立場の方たちが、摂食障害をきっかけに助け合い、支え合える関係を作るためのシンボルです。

このリボンを身に着けてくださる方がどんどん増えていくことで、これまで摂食障害のことを知らなかった人、知っていたけど関心がなかった人は摂食障害への理解と気づきが深まり、自分や家族が摂食障害だったけど隠し続けてきた人には、少しでも心の重荷を軽くして、他者に助けを求めることができるようになることを願います。

 

 

 

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています