マゼンタリボン運動について


『マゼンタリボン運動』は、摂食障害の理解と啓発をすすめることを目的としています。

摂食障害は、古くから医療関係者にその存在を知られていましたが、近年、摂食障害に悩む方が増え、一般にも知られるようになってきています。

摂食障害は、表面上「食べられない」とか「食べ過ぎ」といった行動になり、結果、身体・精神症状が強く出てきます。

それは、生きづらさを食べ物を通して訴えようとする行動ですが、一般的には、まだまだ理解しがたいため、「ぜいたく病」「わがまま」ととらえられることもあります。

 

この運動は、社会の人々が摂食障害に対して抱きやすい誤解を解き、

当事者も、それ以外の人も、生きやすい社会に少しずつ変わっていく事を願って行っています。

 

このコンテンツでは、『マゼンタリボン運動』について説明しています。

 

お問い合わせ

キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp等)は、こちらからの返信が受け取れない場合がございます。

PCからのメール受信を受けられるようにするか、Gmailなどをご利用ください。

メモ: * は入力必須項目です

このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています