ひとり一人ができること


摂食障害の理解をすすめるために、ひとり一人がそれぞれのお立場でできることには、どういったものがあるでしょうか。

まだまだ社会の認知が進んでいない、そしてそのために支援の体制が十分に整備されていないからこそ、できることはたくさんあります。

このコンテンツでは、家族やパートナー、本人、自助グループや医療福祉の分野などができる取り組みについてご紹介します。

 

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています